ハロー、皆さん。こんにちは。

今回は、悲願のセミチリを作ります。

昆虫とかそうゆう類の物が苦手な場合はお勧めしません。

※甲殻類アレルギーの人は食べないでください。
 アレルギー出ます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





↓↓↓







↓↓















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#1 カブトムシ


#2 バッタ目


#3 ミルワーム


#4-1 セミ



さて、北海道もやっと本格的にセミが鳴く季節になりましたね。

今回のターゲットはエゾハルゼミ。

北海道の6月はエゾハルゼミの季節です。
採れる量を考えるとエゾハルゼミが良さげなので獲っていきます。

IMG_3083

まず、場所的な問題ですが、
下草の無い森の中で、地面に1cmくらいの穴が多くある場所を見つけましょう。
笹が生えてるところは好ましくないかなぁ。

時間帯としては、
「日が暮れて何かしらの光源が無いと厳しいな。」
と思う時間帯がジャストタイミングです。

立地、時間帯が良ければ、2時間くらいで150匹くらいは獲れると思います。

一食分なら、30~50匹いれば十分です。
食べきれる量だけ獲りましょうね。


帰宅。
IMG_3084


茹で。
IMG_3085


冷まして、表面の水分飛ばす。
IMG_3086


揚げ。
IMG_3088

揚げる時間は好みに合わせてください。
高温 → 外殻だけカリッと揚げると中はジューシーに仕上がりますが日が経つと虫独特の癖が出てきます。
低温 → じっくりと中の水分を飛ばすように上げると、中身が肉っぽい食感になります。


さて、準備は整いました。
セミチリにしましょう。

はい。
IMG_3093


完成ですね。食べていきます。

美味しい、美味しいですね。
エビのそれかと聞かれたら違います。
殻付きのエビに食感は似ていますが、味は全くの別物ですね。

やはり豆感が強めでナッツっぽい風味が良いですね。
正直チリソースに合うかと言われたら、シンクロ率は70%前後でしょうか
合わなくもないけど、
茹で→揚げ→塩振って食う
が一番おいしいかもしれない。

時期と時間さえ見極められれば、簡単に獲れるので
昆虫食の導入としてはバッタに次いで良いかもしれませんね。

p.s.
高タンパク、低脂質なので、酒の当てやおやつとしていかがでしょう?笑